岐阜市の歯科医院あいデンタルクリニックは2008年12月10日オープンしました。

February 17, 2010

おやしらず

こんにちは岐阜市粟野の歯科医院あいデンタルクリニックのあさのです

昨日はなぜか親知らずに絡んだ出来事の多い一日でした
おやしらずとは親知らずあるいは親不知と書きますが、親の元を離れるころ親が知らないうちに生えてくるからおやしらずという説が一般的です
英語を和訳した知歯あるいは智歯という言葉も使われますが、これは知恵がつくころ生えてくる来るからだといわれています


おやしらず=抜歯というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません
肉眼的に生えているか生えていないかに関わらず、残しておいたほうが良いケース、経過観察するケース、抜かなければいけないケース、様々です
また場合によっては入院して、あるいは全身麻酔で抜くようなものもあります

生え方によっては抜歯に伴って下あごの神経の一部がしびれたりする合併症もありえますし、医療行為とはいえ怪我をすることと同じ反応が起こりますから、当然痛みや腫れもあるかもしれません

私は、おやしらずを抜くのに全く緊張や恐怖心を抱かず来院される方はいないと思っています
信頼して任せていただく以上、術前の説明をしっかり、わかりやすくすること、丁寧に、迅速に痛くなく抜くこと手術を終わらせること、術後の経過を見守ること
病院歯科に紹介する場合でもフォローを欠かさないようにすることが大切だと考えて診療にあたっています

この仕事を始めて、最初にした処置が横向きに埋まっているおやしらずの抜歯でした
無事に抜けてほっとしたことと、翌日、その患者様が笑顔で来院されたことをよく覚えています
ちなみにかつて自分が職場の先輩におやしらずを抜いてもらったときは翌日から毎日、お礼を言うのを忘れた上に痛みを事細かに報告して嫌がられました

安心して診療をしていく為にもう一つ大切なことがスタッフです
彼女たちとの呼吸が合わないと予定通りに処置を進めるどころか、終わる目処が立たなくなるかもしれません
一人では出来ないこともチームでアプローチしていくと出来ることを再認識する一日でした



ai_dental_clinic at 22:49コメント(0)トラックバック(0)治療  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
RSS